ニキビができはじめる流れを知っておく

思春期の人の大半が悩んでいるといわれる思春期ニキビですが、できてしまうことには理由があります。

そもそも、大人と思春期の時期では肌の活動に差があり、その差も思春期ニキビができやすくなってしまうことの一つの理由になっているのです。

ニキビができてしまう主な原因というのは決まってくるので、ニキビに悩んでいる人はそれについての対策を怠らないようにしましょう。

規則正しい生活でニキビをできにくい体を心がける

主にニキビができてしまう原因としては、ストレスであったり、睡眠不足、食生活の偏りなどがあります。

こういった要因がホルモンバランスを崩してしまう原因となって、思春期ニキビができてしまうことにつながります。

基本的なニキビ対策としては、こういった要因が自分の生活に起きていないかどうかを確認して、起きている場合にはそれについて対策をするのが一番でしょう。
規則正しい生活をして、健康的に過ごすことがニキビ対策の第一歩でもあります。

紫外線によるニキビで跡が残らないようにする

紫外線を受けることも、思春期ニキビができてしまうことの一つの原因になります。

紫外線によって受けた肌へのダメージは、ニキビが跡として残ってしまうことの原因になってしまうのです。
外出をするときにはしっかりと紫外線対策をして、肌を守ってあげるようにしましょう。

肌のガードをおろそかにすると、あっという間に肌にニキビができてしまうというような結果にもなりかねません。

肌の成長をさせるために正しい睡眠をとる

肌が新しく生まれ変わる時間は、主に寝ている間に行われるといわれています。
寝ている間には成長ホルモンというものが分泌されており、22時から2時にかけてのいわゆるゴールデンタイムには、この分泌が活発になり、肌の成長のピークになります。

そのため、この時間には睡眠をとっていることが理想的ですが、なかなか睡眠時間が不規則になってしまうという人もいるかもしれません。

肌が最も成長をする時間帯に睡眠をとることができない場合、肌がうまくターンオーバーできなくなってしまい、ニキビが残ってしまうことになるかもしれません。

特に思春期の場合、この時間帯に細胞の生まれ変わりが頻繁に行われることになりますので、エネルギーを使って汗をかきやすくなります。

就寝前には肌に触れる枕やシーツなどは清潔に保つようにしましょう。