毛穴に皮脂などの汚れを取り除き肌にとって良いことをする

ニキビができてしまう原因は、毛穴に皮脂などの汚れが詰まって炎症を起こしてしまうことです。

皮脂の分泌が行われることにはいくつか理由がありますが、最終的には肌を常にケアしておくことによって、ニキビができないように対策ができるということです。
普段の生活習慣にも気を付けつつ、思春期ニキビができないように、常に肌のケアを意識しましょう。

寝る前には肌を清潔に保つ

就寝をする前には、肌をキレイにしてから寝るという習慣をつけるようにしましょう。

これがなぜかというと、肌は寝ている間に成長ホルモンが分泌されることにより、生まれ変わりが促進されることになります。
もしこのときに肌に汚れが付いた状態のままだと、最近の増殖も起こってしまうことになり肌にとってはダメージになります。

さらには、汚れがあることによって肌の修復が妨害されてしまうことになるので、生まれ変わりが阻害されてしまうのです。
寝る前にお風呂に入るタイミングでは、その日の肌の汚れをしっかりと落として思春期ニキビにならないようにケアをしましょう。

化粧水などで肌の保湿を保つことも重要

思春期ニキビができてしまうことの主な原因は、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まることになります。
しかし、その際に肌を保湿しておくことも、ニキビ対策としてはとても大事なことなのです。
肌の水分量が足りない場合には、皮脂が分泌された際に、毛穴に詰まってしまった皮脂が排出できないような状態になってしまいます。
うまく汚れを取り除くことができなくなるので、そのまま汚れが固まってしまうことになり、アクネ菌繁殖の原因となってしまうのです。
洗顔などで肌をきれいにした後には、化粧水などで肌に水分をしっかりと補給するのも忘れずに行いましょう。

正しいニキビ肌ケアをする

肌にニキビができてしまうとやはり顔で目立ってしまうので、ついつい隠そうとして正しくない対策をしてしまうことも多いかと思います。

ニキビがあるのが気になってつぶしてしまったりなど、経験がある人も多いかと思いますが、これがかえって肌にとってはダメージになってしまうのです。

まずはしっかりと正しいケアの方法を知って、何が肌にとって良いことなのか、悪いことなのかをしっかりと理解したうえで、ケアをしていくようにしましょう。