男女でのニキビケアの違いについて

男性と女性では、ニキビができてしまったときの対策の方法が変わってきます。
そもそも、男性のニキビのタイプと、女性のニキビのタイプも違いますし、原因もまた違ってきます。

ニキビができてしまったとしても、性別や年代によってケアの方法が変わってきますので要注意です。

男性は皮脂の分泌が原因

男性がニキビができてしまうという場合、皮脂の分泌が直接の原因になっていることが多くなります。
特に若い時期の場合には、過剰に分泌されてしまった皮脂が毛穴に詰まることで、汚れがたまってアクネ菌の繁殖が起こってしまい、それが思春期ニキビの原因になります。

大人になる皮脂の分泌が抑えられるので、こういった原因でのニキビができてしまうということは少なくなります。
男性で思春期ニキビができてしまった場合には、基本的には皮脂が汚れとして溜まってしまったことが原因として考えてよいでしょう。

男女の肌の性質の違い

男性の場合には皮脂の分泌が多いのですが、逆に女性の場合には肌が乾燥しやすくなっています。
そのため、男性は過剰な皮脂を取り除くということが、思春期ニキビの対策としては正しいケアになります。
女性で思春期ニキビができてしまうという場合は、ホルモンバランスの乱れや乾燥肌などが原因になっていることが多くなります。

しかし、女性だからといってそれが起きてしまう原因が必ず乾燥肌というわけではありません。
まずは、自分がニキビができてしまったとしたら、その原因はどこからきているのかを知ることが大切です。

男女どちらのニキビケアかを知る

一般的にニキビケアとして展開されているものは、女性をターゲットとしたものが大半のようです。

男性と女性でニキビの原因は異なっているので、もし男性がそのまま女性向けのニキビケアの方法を実践したとしても、効果を得ることができないかもしれません。

まずは自分のニキビの原因とタイプを知って、それについての適切な対策を知ることが、正しいニキビケアの方法としては効果的かと思います。

しっかりとニキビケアをしているのに治らない、効果がないと思っている男性は、ほとんどがこれが原因である場合があります。
思春期の男性の場合、皮脂を完全になくすということはできないので、現実的な範囲でケアの方法を考えてみましょう。